基礎知識データベース

あらゆる基礎知識を収録した情報データベースです。

カテゴリ一覧
医療器具・機器

広告


概要
北極や南極などの極海域で,海氷下に中空の氷柱が形成される現象。ブライニクル現象によって形成された氷柱はブライニクル(Brinicle),または氷の鍾乳石(Ice Stalactite)とも呼ばれる。20世紀後半には既に発見されており,多くの研究が報告されている。

ブライニクルの形成機構
ブライニクルの発生は成長途中の海氷下で起きやすい。海氷が成長するとき,海水のうち水分のみが凍るため塩分が濃縮された高濃度塩水(ブライン:brine)が生じて海氷内に閉じ込められる。ブラインは高濃度であるため融点が低く,液体を維持しながら海氷中の結晶構造の隙間を流れ落ちていき、海水へと流れ出た低温のブラインは濃度差によって沈降しながら,周囲の比較的暖かい海水を凍らせて氷柱を発達させていく。氷柱の内部はブラインが流れ落ちるため中空となる。

補足情報

2009年にBBCドキュメンタリー番組の『Frozen Planet』の撮影クルーが南極のロス海でブライニクルの撮影に成功した。


広告